前へ
次へ

鍼灸治療は妊娠中に受けられるか

妊娠中に風邪をひいたときは十分注意しなければいけません。妊娠をしていないときなら市販の風邪薬を飲んで症状の改善を試みるでしょうが、妊娠中に市販薬などを飲むと胎児に影響する可能性があります。市販薬は処方薬に比べると薬効は抑えられていますが、それでも大人用となると胎児にとってはかなりの量になり影響を及ぼす可能性があるためです。その他の病気や治療を行うときも、妊娠中は妊娠をしていないときに比べて注意が必要とされます。鍼灸治療に関して妊娠中でも受けられるかですが、まずは産婦人科の主治医に相談してみましょう。さらに鍼灸治療院の担当者にも確認してみましょう。投薬などによる影響は起きないものの、治療を行うと血流の変化などがあり少なからず胎児への影響があります。問題ないケースが多いですが、少なからず胎児に影響が出ることもあるので、安易に行わないようにしましょう。産婦人科、鍼灸院どちらでも問題ないと言われれば受けることができます。

Page Top